blog

ブログ
2017年3月14日

特区民泊申請・消防点検の立ち会い。

DSC_6129-compressor

マネージャー田中からご報告です!

本日以前から特区民泊申請の手続きをすすめてました一軒家2件の消防点検が行われ、1点だけ指摘(あとでフィードバックします。)を受けましたが、無事に消防法令適合通知書がいただけそうです。

消防点検の立ち会いに漕ぎつけるまで、約3ヵ月かかかりました。
ここまで申請を進めてきて一番ネックになるのはやはり消防関係だと感じましたね。費用面ももちろんですが、素人が消防担当者とやり取りをしても、時間だけがかかってしまいなかなか進まないのが現状だと思います。

今回は防災設備のプロの方にすべてお任せしていましたが、必要な書類を揃えたり、設備の改善などでプロの方でも前述のとおり3ヵ月はかかります。

 

17022161_1910921849142949_6132172939118971435_n

立ち会い当日は、3人の消防局員の方がお見えになりました。点検は思ったよりもなごやかに進みました。
写真ではかなり物々しい雰囲気ですが。笑

さて、消防局員の方は
・クロスが防炎かどうか
・カーテンが防炎かどうか
・火災報知機が設置してあるか
・避難経路図の有無
・誘導等の有無
・消火器の有無
・それぞれの起動状況

をひとつひとつ確認されていました。
この辺は事前に気をつけて準備をしていましたので、問題なくクリアできたのですが、1点だけ指摘を受けました。

 

17022081_1910921889142945_5890263089953701008_n

「サムターン式の鍵には開ける・閉めるの表示をする」

この点だけ不備がありました。というか全く知らなかったです。
防災屋さんも寝耳に水みたいな顔されてました。笑

シールを貼って、後日写真を担当の方に送ることで了承を得ることができたので、一安心ですが。
意外とみなさんも知らないんじゃないでしょうか?

弊社で管理している他の物件も手続きを進めておりますので、これから続々と特区民泊が増えていきます!
手続きでお困りの方。いつでもご相談お待ちしております。

以上、現場からのレポートでしたm(_ _)m


Contact

お問い合わせ

airbnb代行サービスにつきましては、お気軽にお問い合わせください。
下記フォームにご入力の上、送信ボタンを押してください。
*は入力必須項目です。

お名前*
メールアドレス *
お問い合わせ内容*
airbnbに登録済みの物件URL
(お持ちの場合のみ)

お問い合わせ内容はこちらで宜しいですか?
宜しければチェックして送信ボタンをクリックしてください。

PAGE TOP